薬剤師の就業形態による様々な働き方

MENU

薬剤師の就業形態による様々な働き方

薬剤師の正社員の特徴と違い

薬剤師

 薬剤師として正社員で働くのならば、他の雇用形態と最も違うのはやはりその立ち位置でしょう。薬剤師という専門的なスキルの上、基本的にはそのお店や薬局・ドラッグストア等でとりまとめ役や中心人物としての働き、メインスタッフとしての考え方を求められることが多いでしょう。

 

 これは保険・年金の有無ということだけではなく、例えば店舗運営の知識・技術が必要になったり、中には他の働き方よりも長くしっかり働く必要が出てくるのが特徴的です。お店の中核となる薬剤師ですから、将来的には店長などというような出世も考えられます。

 

 ただ、一般的な場合最も分かりやすいのはボーナスかもしれません。ボーナスは賞与ともいい、その企業の利益を社員に配分するという意味合いがあります。

 

 ある程度安定して収益を上げているところならば決まったボーナスが出るのは当たり前の事で、他の働き方よりも収入や待遇がいいのも正社員として働くメリットでしょう。また、特徴的なのがそこで長く働くということでしょう。

 

 パートやアルバイトのように短時間ということもなく、派遣のように期間を区切って働くということもないため、中には数十年もそのお店で働き続けることも可能になっています。

 

 

薬剤師のパートの特徴と違い

薬の写真

 薬剤師としてのパートは様々なところで募集がなされています。最も特徴的なのは、やはり時間単価で働くということでしょう。毎日フルタイムで働くことが出来なかったり、時に週に数回、数時間だけ働くというような場合にパートとしての働き方は非常に楽なものです。

 

 このため、例えば子育てをしていて子供の手が少し離れたので働くとか、資格取得と並行しながら勉強時間を確保しつつ数時間だけ働くというような場合にもできることです。特に他のパートよりも時給が高いのも特徴的です。また、募集しているところが多いのもメリットでしょう。

 

 この働き方の場合、社員ともまた違う働き方になります。社員の場合はもちろんフルタイムですし、場合によっては残業があります。もちろん短時間でも残業が発生することはありますが、この働き方ならば時間に融通がききやすくそこまで時間を圧迫することもないでしょう。

 

 また、お店の中核を担うのは社員ですから、薬剤師でも補助的な役割が求められる場合、社員ではなくこの働き方の人達がサポートする場合も多いでしょう。中にはドラッグストアの品出し等も仕事範囲に含まれる場合がありますので、薬剤師として働く場合は気をつけておきましょう。

 

 

薬剤師の契約社員の特徴と違い

サプリメント

 契約社員とは、その企業でフルタイムで働く非正規の社員で、パートのように短時間ということもなければ社員のように中核を担うこともありません。有期雇用であり、年単位や一定期間ごとに契約を更新し、その間ごとに働くというのがメインの役割です。

 

 もちろん非正規なのでいつ切られてもおかしくないのですが、薬剤師という資格があればどこでも働けるはずです。このため、もし薬剤師で働くというのなら、条件はしっかりと確認しておきましょう。中には正社員として登用される可能性もあり、非常に働きやすいスタイルとなっているでしょう。

 

 薬剤師として契約社員で働くのならば、やはり社員ともパートとも違います。社員の場合は期間が特にないのですが、契約社員の場合は期間の定めがあり更新もされるのが特徴です。また、パートのように時間単価ではたらくところもあれば、月給制のところもあります。

 

 ボーナスの有無も全く違ってきます。このため、場合によっては宙ぶらりんということも少なくありません。ただ、納得して働いており、またスキルアップのためなど明確な目的があるのなら働きやすいでしょう。もし応募するのなら、必ず条件面は確認しておきましょう。

 

 

薬剤師の派遣の特徴と違い

 

 派遣とは、派遣会社とあなたの間で雇用契約を交わし、実際に働くのは派遣先の企業という最近出来た新しい働き方です。この働き方の特徴は、少々複雑ですがそれなりに働きやすいということでしょう。会社があなたに変わって働く企業都のやりとりをしてくれますし、募集なども積極的に行ってくれます。

 

 時間や待遇などに条件が多い場合でも、薬剤師としてのキャリアを伸ばしながら働ける企業を紹介してくれます。ただ、薬剤師の場合は薬剤師に慣れている会社のほうが案件数も多いという特徴があります。いざというときのトラブルにも慣れているのがこういった会社のメリットです。

 

 ただ、普通に働くのとはやはり違いがあるものです。まずは待遇面です。保険・年金などを書けてくれるのは主に会社です。また、時給などもそれぞれ違います。これは時給や働き方によって違うので、事前に確認しておきましょう。

 

 また、働ける企業からすると同じフルタイムで働いていてもいざというときのヘルプというような意識もあるため、気を使って働きにくいという人もいます。ただ、割り切っていざというときのために働くことが出来れば結構働きやすく、無用な連れ合いや仲良しこよしをしなくてもいいのがメリットという場合もあります。条件もいいのがこの働き方のメリットともいえるでしょう。

 

 

薬剤師の地方の特徴と違い

 

 地方で薬剤師として働くというのなら、いくつかの特徴があります。ひとつは、圧倒的に調剤薬局のほうが多いということでしょう。大手企業での薬剤に関わる仕事は主に東京や首都圏が主流で、地方では調剤薬局や院内処方という形が多いものです。

 

 特に最近はドラッグストアなども積極的に出店攻勢をかけているので、薬局がなくてもドラッグストアでの薬剤師としての仕事が多くなっている傾向があります。また、比較的人数が少ないのも特徴的です。人数が少ないため、薬剤についての相談なども忙しくなる傾向があります。ただ、その分やりがいも多いでしょう。

 

 また、交通の便が悪いのも特徴的です。このため、自家用車を持ち通勤は車という人も少なくありません。そうではなくては生活できないという現状があります。意外とそこまで大変ではないのが新薬についての知識です。今はインターネットがあるので、そういったところから新しい薬剤についての知識や技術、トレンドについても学習することが出来るのです。

 

 違いとしては、もしかしたら距離感もそうでしょう。人が優しく時間が穏やかに流れているので、都会よりはゆったりと仕事ができる、という人もいます。また、お年寄り向けの処方が多いというのも特徴になるようです。

 

 

薬剤師の短時間勤務の特徴と違い

 

 例えば資格取得をしたいと思っていたり、子育てがあるので短時間しか働けないという場合、薬剤師ならば短時間勤務という働き方もあります。これは、特定の時間だけ働くというのが特徴的です。1日大体8時間働くという形態が多いのですが、中にはこういった配慮をしてくれるところもあります。

 

 このため、例えば子育てのために決まった時間しか働けないとか、資格取得のために時給のいい深夜の時間帯のみ働くというようなことも可能です。ただ、働き方としてはそれなりに待遇も下がる傾向があります。場合によっては保険・年金などもつかなくなるというのが特徴的でしょう。

 

 ただ、この短時間勤務のやり方の場合、時間や雇用形態はさまざまです。最近よく子育てママ支援をする企業がありますが、そういった場合は正社員でも短時間勤務制度を使っているということになるでしょう。

 

 違いとしては、雇用形態は同じなのですがその分短時間での働き方となります。もうひとつは一時的に薬剤師パート・アルバイトなどの格下げがあるということです。

 

 その場合は働き方を変えることになりますので時給制になりその雇用形態に沿った働き方と待遇になることもあります。また、ボーナスなども出ないことが多いようで、収入ダウンは避けられないでしょう。

 

薬剤師求人
http://xn--1lq1a36uuyqgjll5ge61c.jp/

2015/09/30 09:42:30 | 薬剤師というお仕事
 薬剤師は、医師の処方箋に基づいた調剤業務をメインとしつつ、的確な服薬指導や薬歴管理をすることが求められます。そして、服薬指導に関しては、食前や食後等の服用するタイミングを的確に説明しなければ、症状が改善されなかったり、更には副作用がでてしまうこともあります。 即ち、調剤業務や服薬指導等の仕事内容は、当然のことながら、患者さんの生命にかかわる重要な仕事です。しかしながら、多くの薬剤師の人は、その重要な仕事に従事しながら、自らのスキルアップのことを考えて転職を考えることが多いのも事実です。 例えば、調剤薬局から病院に転職することで多くの調剤業務を経験しつつ、様々なケースの服薬指導の経験を積み、更...
2015/09/23 09:45:23 | 薬剤師というお仕事
 薬剤師の転職のきっかけの一つとして仕事の変化があります。今の業務ではなかなかやりがいを感じないという人もいると思いますが、それは新しい職場で新しい業務をこなすことで、しっかりと解決することができます。 要するに向き不向きやマンネリが原因で毎日モチベーションが上がらないことはよくありますが、これは新しいことに挑戦することでモチベーションはかなりアップします。こうしたきっかけから薬剤師の転職をすることは別に悪いことではありませんし、自分にとってやりがいの感じる職場を見つけることもあります。 薬剤師として新しい業務に挑戦したいという理由から転職をすることになった場合はその志望動機は非常に考えやすい...
2015/08/31 22:12:31 | 薬剤師というお仕事
調剤薬局で近い関係で働く 調剤薬局での薬剤師の仕事は、主に処方せんを持ってきた患者さんの薬剤の処方と店頭で取り扱っている商品の管理、接客などに分かれます。とはいえ、基本的に人と触れ合う仕事ですし、また患者さん対してもある程度丁寧に取り扱う必要があります。 基本的に労働環境はそこまで厳しいものではなく、人数の少ない調剤薬局での仕事の場合は、ある程度そこでの人間関係のバランスは難しいでしょうが、小規模でそれなりにもっちうもた列になる計項があるので、薬剤師として働きやすい環境でもあります。患者さんとの接客が好きな人ならば向いている仕事といえるでしょう。調剤薬局ではたらくメリットとは 薬局の場合、数人...
2015/08/17 16:24:17 | 薬剤師というお仕事
 管理薬剤師に転職するときに必要なスキルは、次のようなものになります。薬剤師として3年以上の実務経験、薬局運営の管理能力、薬事法と、関係法規を理解している、保険請求業務などの医療事務も出来ることです。 全ての能力があれば大変有利になりますが、最低限必要な資格は薬剤師免許だけになります。そのため、それまでの経験や必要なことを勉強していたり、その意思があることを伝えれば効果的です。 既に経験していれば最大の実績になりますし、次のステップアップとして専門薬剤師の道もあります。まずは、管理薬剤師としてキャリアアップを狙うとよいです。 日常の業務には、薬局管理帳簿の記載や管理、医薬品の購入や販売と品質管...
2015/08/10 09:26:10 | 薬剤師というお仕事
 20代の薬剤師の方が転職をする場合は、結婚や出産がきっかけとなることが多くあります。残業が多くある職場の場合は、結婚してから続けることができなかったり、出産の際に産休をとることができなかったりして、結局辞めることになってしまう場合があるのです。 結婚をしても出産をしても、薬剤師として勤務し続けたいと思っているのであれば、事前に産休をとることができるのかどうかなどしっかりと確認をしてから入社をすることが大切です。給料がいいという理由だけで選んでしまったりすると、後々とても大変なことになる場合もあります。 20代の薬剤師が転職を考えてしまうきっかけとなることの一つに、スキルアップをすることができ...
2015/08/09 03:16:09 | 薬剤師というお仕事
 大手の病院では、有給を含めた就業規則や給与・賞与・福利厚生等の形態等も決まっています。そして、大手であるため、人事部や総務部等も規則に従った取扱をするため、薬剤師の待遇等に関して不公平になることはほとんどありません。 しかし、中小規模や中堅の病院の場合には、有給を含めた就業規則や給与・賞与・福利厚生等の形態等があるものの形骸化していることがあるため、薬剤師でも有給を消化しにくかったり福利厚生面等の労働環境の違いがあることも否定できません。言い換えれば、薬剤師の転職の動機として、より良い労働環境を求めるケースが多いのも事実です。 調剤業務や服薬指導等ができる国家資格者である薬剤師は、年収面や福...
2015/07/28 02:21:28 | 薬剤師というお仕事
新卒の場合は400万円スタートが多い 薬剤師としての20代は、まだまだキャリアがあるとは言いがたく、初心者というような立ち位置のことが多いでしょう。大学を卒業してすぐということも少なくありませんから、実質的にそこまで長いこと働いたキャリアを見越しているということもありません。 このため、おおむね平均年収も400万円程度となりますが、これは一般的な社会人の平均年収と比べると非常に良い金額となっています。また、働き続ければ評価され、それにより給料が上がることも少なくありません。29歳頃になれば、500から600万円程度も夢ではないでしょう。20代の場合は社員が多い また、20代の人に多い雇用形態と...
2015/07/21 09:23:21 | 薬剤師というお仕事
 20代の薬剤師には、スキルやこれまでのキャリアなどは求められないのが一般的です。20代といっても、6年制の薬学部を卒業してから働き始めるという人が多いので、薬剤師としての経験にそれほど差は出ないのです。 期待をされていることというのは、これから実際に仕事をしていく中で、きちんとした知識を身につけるということや、積極的に仕事に取り組むという姿勢なのです。実際に若いので新しい知識を見につけるスピードも速いものです。社会の基本的なルールや職場独自のルールもしっかりと身につけて、周りに迷惑をかけないことが大切です。 転職をする際に不安に思うのは当然のことです。一番多いのは、狭い人間関係の中で起こって...
2015/07/15 22:19:15 | 薬剤師というお仕事
 女性薬剤師の方の多くは、産休を取られています。しかし、中にはとりづらい職場もあるので、これから就職を考えている人は事前に確認をしておくことが大切になってきます。 特に小さい調剤薬局などになってくると、なかなか代わりに仕事をしてくれる人が見つからなかったりして、結局子供を産むと同時に辞めなければいけなくなってしまうこともあります。 できれば規模が大きなところに就職をすることが大切になってきます。規模が大きな会社であれば、産休もとりやすいですし、働きやすさで考えると断然おすすめです。 薬剤師専用の専門サイトを利用することで、事前に産休がとりやすい職場を探すことができます。最近では、小さい調剤薬局...
2015/07/08 09:29:08 | 薬剤師というお仕事
 薬剤師が転職するケースは比較的多いものです。経験により培ったスキルを活かすことができることが背景にありますが、その動機として多いのは収入面の不満と職場の雰囲気です。 収入面においては、業務内容によって額が大きく異なることになりますが、職場の雰囲気においても仕事の内容によって性質が変わるものとなります。 例えばMRとなれば病院の医師とのコミュニケーションが必要となる上に、様々な情報を得るための営業スキルも必要となってきます。またドラッグストアともなれば、接客に加えて店舗運営も行うようになります。 転職先に仕事のやり甲斐を求める薬剤師は多いものです。閉ざされた空間での作業に終始する調剤薬局ではや...