調剤薬局の労働環境と違い

MENU

調剤薬局の労働環境と違い

調剤薬局で近い関係で働く

 

 調剤薬局での薬剤師の仕事は、主に処方せんを持ってきた患者さんの薬剤の処方と店頭で取り扱っている商品の管理、接客などに分かれます。とはいえ、基本的に人と触れ合う仕事ですし、また患者さん対してもある程度丁寧に取り扱う必要があります。

 

 基本的に労働環境はそこまで厳しいものではなく、人数の少ない調剤薬局での仕事の場合は、ある程度そこでの人間関係のバランスは難しいでしょうが、小規模でそれなりにもっちうもた列になる計項があるので、薬剤師として働きやすい環境でもあります。患者さんとの接客が好きな人ならば向いている仕事といえるでしょう。

 

調剤薬局ではたらくメリットとは

 

 薬局の場合、数人から多くても十数人程度のスタッフの中で働くことが多いでしょう。このため、それなりに労働環境は持ちつ持たれつになる面はありますが、仲良く働くことが出来る場合もありますし、時間に融通もききやすいでしょう。

 

 待遇はその肩書やキャリアにもよりますが、一般的な仕事からすれば時給はいい傾向があります。他の働き方と違い、薬剤師として時間の融通なども聴きやすい場合があります。

 

 また、全国規模のチェーン薬局ならば家族の転勤などにも柔軟に対応してくれる傾向があります。薬剤師として働きやすさを重視するなら、この働き方が最も適しているようですね。

関連ページ

病院の労働環境と違い
薬剤師のお仕事で病院というケースがあります。ここでは、病院の労働環境と違いについて説明したいと思います。薬剤師の方で病院勤務を希望する方は非常に多いです。よく理解するようにしましょう。
女性薬剤師の産休と働きやすさ
女性の方で薬剤師として活躍されている方は非常に多くいらっしゃいます。そこで気になるのが産休をもらえるかどうかです。薬剤師の産休と働きやすさについて解説します。
20代薬剤師の働き方と平均年収
20代薬剤師の働き方と平均年収についてお答えします。20代の方はどれくらいの年収がもらえるか気になるところです。他の職業と薬剤師の年収を比較しながら説明いたします。
20代薬剤師に求められるスキルと転職
20代薬剤師に求められるスキルと転職はどのようなものか気になると思います。薬剤師は一般的には給料もよく人気の職業として知られています。転職する場合はどういう待遇かについても解説します。
管理薬剤師に求められるスキルと転職活動
薬剤師として経験を積むと、次に目指すべき地位として管理薬剤師が多いです。ここでは、管理薬剤師に求められるスキルと転職活動についてご説明いたします。
20代薬剤師の転職のきっかけ
20代の薬剤師の方でも引越しや職場関係、給料の面で転職を考える人も多い状況です。薬剤師の転職状況はどのようなものか、あるいは、薬剤師の転職のきっかけは何でどういう職場を希望しているかを考察します。
転職先に求めるもの:職場の雰囲気
薬剤師の転職先に求めるものとして職場の雰囲気を第一に挙げる人が多いです。やはり職場環境が良くなければ長く続けることはできません。職場環境の良し悪しを見極める方法などもご紹介します。
薬剤師のスキルアップと仕事内容
薬剤師のスキルアップと仕事内容について説明したいと思います。薬剤師は給料は良いといわれていますが、スキルを身に着け報酬もさらにアップすることができます。
薬剤師転職:仕事の変化
薬剤師転職:仕事の変化についてお伝えします。薬剤師は需要がかなりありますので転職も比較的容易にできますが、転職後、仕事の変化で悩む方もいらっしゃいます。