20代薬剤師の働き方と平均年収

MENU

20代薬剤師の働き方と平均年収

新卒の場合は400万円スタートが多い

 

 薬剤師としての20代は、まだまだキャリアがあるとは言いがたく、初心者というような立ち位置のことが多いでしょう。大学を卒業してすぐということも少なくありませんから、実質的にそこまで長いこと働いたキャリアを見越しているということもありません。

 

 このため、おおむね平均年収も400万円程度となりますが、これは一般的な社会人の平均年収と比べると非常に良い金額となっています。また、働き続ければ評価され、それにより給料が上がることも少なくありません。29歳頃になれば、500から600万円程度も夢ではないでしょう。

 

20代の場合は社員が多い

 

 また、20代の人に多い雇用形態としては主に正社員という方地が多いでしょう。まだ学習することが多く基本的にいろいろなことを行うため、雇用形態は主に正社員として、末端の薬剤師ということが多いのではないでしょうか。

 

 働き方を学び薬剤師として学習することが多く、毎日の生活と学習だけでヘトヘトという人も少なくありませんが、徐々にそういった生活にも慣れて、時間の使い方もうまくなってきます。20代後半になると、働き方に変化が見られる人もいます。結婚したり、妊娠・出産を機に退職したり産休に入り短時間勤務となる人もいます。

関連ページ

調剤薬局の労働環境と違い
調剤薬局の労働環境と違いについて解説します。薬剤師といっても職場によって業務内容が異なってきます。ここでは調剤薬局のお仕事について見てゆきます。
病院の労働環境と違い
薬剤師のお仕事で病院というケースがあります。ここでは、病院の労働環境と違いについて説明したいと思います。薬剤師の方で病院勤務を希望する方は非常に多いです。よく理解するようにしましょう。
女性薬剤師の産休と働きやすさ
女性の方で薬剤師として活躍されている方は非常に多くいらっしゃいます。そこで気になるのが産休をもらえるかどうかです。薬剤師の産休と働きやすさについて解説します。
20代薬剤師に求められるスキルと転職
20代薬剤師に求められるスキルと転職はどのようなものか気になると思います。薬剤師は一般的には給料もよく人気の職業として知られています。転職する場合はどういう待遇かについても解説します。
管理薬剤師に求められるスキルと転職活動
薬剤師として経験を積むと、次に目指すべき地位として管理薬剤師が多いです。ここでは、管理薬剤師に求められるスキルと転職活動についてご説明いたします。
20代薬剤師の転職のきっかけ
20代の薬剤師の方でも引越しや職場関係、給料の面で転職を考える人も多い状況です。薬剤師の転職状況はどのようなものか、あるいは、薬剤師の転職のきっかけは何でどういう職場を希望しているかを考察します。
転職先に求めるもの:職場の雰囲気
薬剤師の転職先に求めるものとして職場の雰囲気を第一に挙げる人が多いです。やはり職場環境が良くなければ長く続けることはできません。職場環境の良し悪しを見極める方法などもご紹介します。
薬剤師のスキルアップと仕事内容
薬剤師のスキルアップと仕事内容について説明したいと思います。薬剤師は給料は良いといわれていますが、スキルを身に着け報酬もさらにアップすることができます。
薬剤師転職:仕事の変化
薬剤師転職:仕事の変化についてお伝えします。薬剤師は需要がかなりありますので転職も比較的容易にできますが、転職後、仕事の変化で悩む方もいらっしゃいます。